Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LogStare Tetra」にWindowsファイルサーバのログ取得オプションが登場

セキュアヴェイルは、ログ分析システム「LogStare Tetra」ユーザー向けに、Windowsファイルサーバへのアクセスログを取得する「ファイルアクセスログオプション」を、3月3日より発売する。

「LogStare Tetra」は、コンピュータの使用履歴を監視、分析するシステム。あらかじめ条件を設定して問題を発見し、システム管理者へメール通知するなど、セキュリティポリシーに合致したログ監視体制を構築する。今回、Windowsファイルサーバへのアクセスログを取得する機能が搭載されたことで、ログ取得から監視、分析まで一貫して行うことが可能になった。

同オプションを活用することで、Windowsファイルサーバの標準機能では取得できないファイルのコピーや上書き、移動、印刷といった操作ログの取得を実現。同時に、コンピュータ名やクライアントIP、ユーザー名、日付、ログオン状況などのログも取得できる。

(Security NEXT - 2008/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生