Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座番号や取引内容記載した書類を紛失 - 中央三井信託銀行

中央三井信託銀行は、顧客情報1524件を記載した「投資信託顧客口座元帳」を紛失したことを明らかにした。

所在がわからなくなっているのは、同行渋谷支店が2003年10月から2004年3月にかけて扱った個人顧客1456人分と法人顧客68社分の投資信託に関する業務資料。顧客名のほか、口座番号やファンド名、取引金額をはじめとする投資信託の取引情報が記載されていた。

不正利用などの連絡も受けておらず、同行では、外部に持ち出した形跡がないとして誤廃棄した可能性が高いと結論づけている。また今回の事故を受け、関連する顧客に対し、個別に連絡しているという。

(Security NEXT - 2008/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC