Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座番号や取引内容記載した書類を紛失 - 中央三井信託銀行

中央三井信託銀行は、顧客情報1524件を記載した「投資信託顧客口座元帳」を紛失したことを明らかにした。

所在がわからなくなっているのは、同行渋谷支店が2003年10月から2004年3月にかけて扱った個人顧客1456人分と法人顧客68社分の投資信託に関する業務資料。顧客名のほか、口座番号やファンド名、取引金額をはじめとする投資信託の取引情報が記載されていた。

不正利用などの連絡も受けておらず、同行では、外部に持ち出した形跡がないとして誤廃棄した可能性が高いと結論づけている。また今回の事故を受け、関連する顧客に対し、個別に連絡しているという。

(Security NEXT - 2008/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材