Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鳥取県、サイト上で個人情報を誤って公開 - システム変更時のミスで

鳥取県は、同県サイト上で公開している資料に、本来は含まれないはずの個人の氏名や事業者名が含まれた状態だったことを明らかにした。2006年秋ごろ、システムを変更した際に、誤って個人情報が入った資料を公開したと見られている。

今回問題となった文書は、「情報公開審議会答申書」。関係者の氏名や、異議申立を行った企業名などが含まれていた。2005年度から個人情報を伏せた形で答申書を公開していたが、2006年秋ごろにウェブサイトのシステムを変更した際、個人情報が記載された答申書を誤って公開したという。

1月15日にインターネット上で個人情報の流出を指摘する書き込みがあるのを職員が発見し、対象のデータを削除。その後17日にも同様の指摘がメールで寄せられたという。

同県では、その他の答申書についても個人情報が含まれていないか再確認を実施。検索サイトへキャッシュの削除を依頼している。また、関係者に対し、直接連絡して説明と謝罪を行った。

公開文書へ個人情報などを含んだままインターネット上へ掲載する事件は、先月より立て続けに明らかになっている。2007年末には、年金記録確認島根地方第三者委員会が申立人の氏名を誤って公開する事故が発生。今月に入り、大阪市においても公文書目録情報に個人情報を含まれた状態で公開するミスが判明した。

関連記事:大阪市、HP上で個人の氏名を誤公開 - 公文書目録情報のチェックミスで
http://www.security-next.com/007430.html

関連記事:年金確認申立人の個人情報をインターネット上の公開資料に誤掲載
http://www.security-next.com/007309.html

(Security NEXT - 2008/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC