Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECのクラスタリングソフトとウイルスバスターの動作連携を実現

NECとトレンドマイクロは、クラスタリングソフトとウイルスバスターの連携で協業すると発表した。

今回の協業により、NECのクラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO X」と、トレンドマイクロのエンタープライズ向け製品「ウイルスバスター コーポレートエディション」の動作連携をサポート。それぞれの動作に影響なく、同じOS上で共存できる。

トレンドマイクロでは、最新の「CLUSTERPRO X」のモジュールをホワイトリストに追加し、同ソフトの誤検出を防止。また稼働するサーバで障害が発生した場合に、「CLUSTERPRO X」によりウイルスバスターのサーバ機能を待機用サーバへ引lき継ぐことが可能となった。

両社では、トレンドマイクロのLinuxサーバ向けウイルス対策ソフト「ServerProtect for Linux」についても、「CLUSTERPRO X」との連携を同様にサポートする予定。

(Security NEXT - 2008/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ