Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

90日以上修正されていないウェブアプリの脆弱性は95件 - IPAらまとめ

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、2007年第4四半期の脆弱性の届出状況を取りまとめた。

同四半期に寄せられた脆弱性の届出件数は、ソフトウェアが66件、ウェブアプリケーションが80件。ソフトウェアについては前期の49件から大きく増加したが、一方でウェブアプリは103件から減少した。

ソフトウェアの脆弱性については、任意のスクリプトが実行される脆弱性が47%ともっとも多く、情報漏洩の10%、なりすましの7%と続いている。ウェブアプリについては、ウェブサイト上へ偽情報の表示が最も多く33%。次いでデータの改ざんが18%、クッキーの漏洩が16%、個人情報の漏洩が10%だった。

同四半期には、ソフトウェア31件、ウェブサイト93件の合わせて124件の脆弱性が修正され、受付開始後から累計1002件となった。

一方、90日以上の長期にわたり修正が行われていないウェブサイトの脆弱性は95件で、前期から22件減少した。300日以上修正されていないケースは11件減少し39件となった。しかし、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど重大な脆弱性もあり、早期に対応するよう呼びかけている

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消