Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Exchange向けメールセキュリティ製品の最新版 - ソフォス

ソフォスは、メールゲートウェイのセキュリティ対策ソフト最新版「PureMessage for Microsoft Exchange Version 3」を発売した。

同製品は、ウイルスやスパイウェア、スパムなどから、Microsoft Exchange環境を保護するセキュリティ対策ソリューション。Exchange 2007およびWindows Server 2003 64ビット版にも対応している。

未知のウイルスやスパムについても検知、ブロックする振る舞い検出型遺伝子脅威検知技術を採用。Active Directoryと連携し、ユーザー単位またはグループ単位で柔軟なポリシー設定が行える。また、各グループから発信されるメールコンテンツや添付ファイルを監視できるため、内部からの情報漏洩抑止に活用できる。

最新版では、従来版に比べてマルチサーバ環境におけるポリシー施行機能が強化された。ひとつの管理コンソールからポリシー設定が行えるため、効率的に集中管理が行える。またクラスタリングに対応し、大規模ユーザーへのサポートを強化。レポート機能や、ネットワーク内のステータスをわかりやすく表示するダッシュボードを提供する。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も