Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Web 2.0への攻撃増加に懸念、ウェブ経由の感染がさらに進む - フォーティネットの2008年予測

フォーティネットジャパンは、2007年に主要な感染方法となったウェブ経由の感染が2008年も引き続き増加するとともに、Web2.0を標的とした攻撃が増えるなど、2008年の脅威に関する展望を発表した。

同社が2007年5月にMPackサーバから抽出した統計では、悪意あるウェブページにアクセスした12%のユーザーがウイルスに感染している。この結果は、MPackの攻撃によるものだけでブラウザの脆弱性を悪用した攻撃は含まれない。メール添付型のウイルスと比べて成功率が格段に高いことから、同社では今後もこうしたウェブ経由の手法が主流を占めると予測している。

一方、スパムについても手法が変化しつつあることを指摘。スパム対策が広く普及してきたことから、メールに記載されたアドレスのクリック率は大幅に低下。そのため、スパムからMySpaceやYouTube、人気のブログなどへのスパム投稿へ攻撃対象が移行しており、今後も同様の傾向は続くと分析している。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか