Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

13店舗で1万件以上の個人情報を紛失や誤廃棄 - 十和田信金

十和田信用金庫は、13店舗において個人情報を記載した預金や融資関連書類69件を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、預金関連の申込書41件をはじめ、融資関連の申込書やATMジャーナル、債権書類、伝票など69件。含まれる個人情報は、7223人分にのぼる。

また入出金伝票をはじめ、4611人分の個人情報が含まれる15件の書類についても誤廃棄も判明した。いずれも、氏名や住所、生年月日、口座番号など記載されている。

紛失した書類の個人情報について、不正利用などの報告はなく、同信金では、誤って廃棄した可能性が高いと説明。関連する顧客へ連絡を取り、謝罪を行っているという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も