Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約1200人分の顧客情報含む業務日誌が所在不明 - 大分銀行

大分銀行は、顧客約1200人の氏名などが記載されていたと見られる業務日誌を紛失したと発表した。

所在が不明となっているのは、1日の来訪者や訪問先などを記録している業務日誌。10月に実施した保存文書の調査により、大在支店と坂ノ市支店において保存期間満了前の日誌を紛失していることがわかった。

記載されていたのは、支店長が訪問した顧客および店舗を訪れた顧客の氏名などで、ほかに記録がないため、記載されていた顧客の特定や正確な数字の把握は困難だという。不正利用なども発生しておらず、同行では、保存期間満了前に誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2007/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に