Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

平戸市のウェブサイトが21回にわたり改ざん - 閲覧でウイルス感染の可能性

平戸市のウェブサイトが、1カ月以上にわたって断続的に改ざんされていたことがわかった。改ざんは21回に及び、閲覧者はウイルスに感染した可能性もある。

同市によると、最初の改ざん被害に気が付いたのは10月18日。トップページに不正なコードが埋め込まれていたことを確認したという。その後断続的に攻撃を受け、サーバを入れ替えるなどの対応策を実施した。

しかし、改ざん行為は一時的に収束したものの、11月29日から再び発生。改ざん検知ソフトの導入やトップページの変更などの対策を取っていたという。

改ざん行為は21回に及び、埋め込まれた不正なコードにより、利用者がウイルスをダウンロードさせる悪質なサイトへ誘導されたおそれがあったが、ウェブサイトの閉鎖や事故の公表なども行われていなかった。改ざん被害を受けた際のアクセス数は、内部閲覧を含め1638件にのぼるという。

同市では、改ざんが行われていた期間内にウェブサイトを閲覧した利用者へ、コンピュータ内のウイルスチェックを早急に実施するよう呼びかけている。また、今回の不正アクセスによる個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2007/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO