Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧金吉証券の顧客情報を記録したCD-ROM104枚を紛失 - 日の出証券

日の出証券は、同社と合併した旧金吉証券の顧客情報が所在不明になっていると発表した。合併前に紛失していた可能性があるという。

顧客から取引内容の照会を受けた際、データを保存していたCD-ROM104枚が所在不明になっていることがわかったもの。紛失したCD-ROMには、2003年4月から2007年7月までの情報を保存したもので、2632人分の個人情報が含まれる。

不正利用などの報告は受けていないという。同社では、内部調査の結果、廃棄処分した可能性が高いと結論づけている。

(Security NEXT - 2007/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE