Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

のべ3万3000件の個人情報含むノートPCを紛失 - 英会話学校

英会話学校を展開するGABAは、生徒情報を保存したノートパソコンを紛失したと発表した。

11月30日に同社従業員が利用する業務用パソコンがなくなっていることに気が付いたもので、同パソコンには、2007年8月21日の時点で同社に在籍していた全生徒の個人情報1万8966件が保存されていた。

さらに教育訓練給付制度対象コースの受講生5183件や、同社サイトでメッセンジャー機能を利用した生徒8134件、2007年6月に銀行振り込みを行った生徒1162件など、氏名や顧客番号、所属スクール、一部では支払額など、含まれる個人情報は、のべ3万3446件にのぼるという。

同社では、所在不明となっているパソコンについて、社内で義務付けているログインパスワードを設定が行われていなかったと説明。二次被害などの連絡は受けておらず、同社では引き続きノートパソコンの探索を行っている。

(Security NEXT - 2007/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も