Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

のべ3万3000件の個人情報含むノートPCを紛失 - 英会話学校

英会話学校を展開するGABAは、生徒情報を保存したノートパソコンを紛失したと発表した。

11月30日に同社従業員が利用する業務用パソコンがなくなっていることに気が付いたもので、同パソコンには、2007年8月21日の時点で同社に在籍していた全生徒の個人情報1万8966件が保存されていた。

さらに教育訓練給付制度対象コースの受講生5183件や、同社サイトでメッセンジャー機能を利用した生徒8134件、2007年6月に銀行振り込みを行った生徒1162件など、氏名や顧客番号、所属スクール、一部では支払額など、含まれる個人情報は、のべ3万3446件にのぼるという。

同社では、所在不明となっているパソコンについて、社内で義務付けているログインパスワードを設定が行われていなかったと説明。二次被害などの連絡は受けておらず、同社では引き続きノートパソコンの探索を行っている。

(Security NEXT - 2007/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE