Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJニコスで取引履歴の開示漏れが発生 - 過払返還4万6712件に影響か

三菱UFJニコスは、顧客から取引履歴の開示請求を受けた際、一部で開示漏れが発生していたと発表した。

新たに取引履歴が判明したのは、NICOSブランドにおける1991年から1995年までに利用した場合や、UFJカードにおいて1993年などに利用し、2005年7月20日以降に開示した一部ケース。

同社では、開示請求を受けた場合、保有データを勘違いし、いずれも「取引データなし」として回答していた。今回の事故について、同社では保有データの範囲について誤認があったとし、法令などに対する認識についても十分じゃなかったと説明している。

今回の開示ミスにより、4万6712件において過払い利息の計算に影響を与える可能性があり、同社では必要に応じて取引履歴を開示する。また、すでに和解や調停により利息を返還している場合についてもさらに差額を返還するなど対応を行うとしている。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

(Security NEXT - 2007/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集