Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府のボット対策プロジェクトにJ:COMグループが参加

ジュピターテレコムとアットネットホーム、関西マルチメディアサービスは、政府のボット対策プロジェクトに参加し、J:COM NETユーザーへの感染通知や駆除方法の提供など対策活動を開始した。

今回、3社が参画するボット対策プロジェクト「サイバークリーンセンター(CCC)」は、総務省と経済産業省が共同実施しているもの。ボット被害防止を目指し、啓発活動や対策ツールの提供を実施しているほか、ISPとの連携により感染ユーザーへの注意喚起などを行っている。

J:COMらは、CCCから提供される感染者のIPアドレス情報に基づき、カスタマーセンターから感染したユーザーに対し、メールによる感染通知や駆除方法などの情報提供を実施。また感染の予防に向け、サイト上にセキュリティ情報ページを設置して啓発活動を行う。

(Security NEXT - 2007/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
「dアカウントがまもなく停止」 - NTTドコモ装うフィッシングに注意
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト