Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレホンバンキング悪用と偽造カードによる不正引出被害が1億円超 - 北洋銀

北洋銀行で、偽造キャッシュカードによる不正な現金の引き出し被害が発生している問題で、被害額が1億円に達したことがわかった。

最初の不正な引き出しは10月17日に発生。21日から22日に犯行が集中し、わずか1週間でわかっているだけでも138件、約1億1300万円の被害に遭ったという。

今回発生している不正引き出しの手口は、テレホンバンキングサービスの残高照会機能を利用するもので、外部からの入手したと見られる氏名や生年月日、電話番号、口座番号などを悪用されているという。

同行では23日にテレホンバンキングの残高照会サービスを停止。また被害の確認作業を進めており、関連する顧客に対して連絡を取っている。

北洋銀行
http://www.hokuyobank.co.jp/

関連記事:偽造カードによる不正引き出し被害が発生 - 北洋銀行が注意喚起
http://www.security-next.com/006997.html

(Security NEXT - 2007/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント