Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブシステム上の機密情報を自動暗号化で漏洩防止 - T-SS

トリニティーセキュリティーシステムズは、ウェブサーバ上の文書ファイルを自動的に暗号化し、データの不正利用を防止するセキュリティソリューション「Pirates Buster for WebDocument」を、11月6日より発売する。

同製品は、企業のウェブサーバ上に保存された個人情報や業務情報などを自動的に暗号化する情報漏洩防止ソリューション。利用者がファイルの閲覧やダウンロードをする際に自動で暗号化されるため、暗号化作業を意識せず利用できる。また、経理情報や人事情報、顧客情報など、動的に生成されるファイルも暗号化が可能で、既存システムを変更することなく導入できる。

ファイルの印刷や編集などの利用権限は管理者が設定し、ダウンロード後のファイルは権限を与えられたユーザーのみが利用可能。ファイルの流出が発生した場合には、管理側で閲覧禁止措置を取ることで被害を抑えられる。

(Security NEXT - 2007/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性