Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報4851人分を記載した書類を紛失 - 北海道電力

北海道電力において、4851人分の個人情報を記載した書類が、同社内で所在不明になっていることがわかった。

同社旭川支店の倉庫内で管理されているはずの書類がなくなっていることに、担当者が気が付いたもので、10月5日に判明した。同社では、紛失発覚以降、同社内を探索しているが見あたらないという。

所在がわからなくなっている書類は、電気料金の支払いに関するもので、氏名や電気料金、顧客番号など記載されていた。同社では関連する顧客に対して事情の説明を行っている。

北海道電力
http://www.hepco.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家計調査の世帯情報をLINEで誤送信 - 佐賀県
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
「大丸松坂屋カード」のフィッシング - 偽利用明細メールで不安煽る
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
ニッセン関連会社装うフィッシング - 「本人確認が済んでいない」と不安煽る
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA