Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリにICカードと同レベルのセキュリティを実現するソフト - 凸版印刷

凸版印刷は、USBメモリにおいてICカードと同レベルのセキュリティを実現する内蔵ソフトウェアを開発した。

同製品は、USBメモリにICカードと同レベルの認証機能やアクセス管理機能を組み込むとともに、メモリ内の暗号化や改ざん防止機能を実現するソフトウェア。米Spansionのフラッシュメモリをベースとしたソリューション「MirrorBit HD-SIM」と、同社の技術を組み合わせることで実現した。

外部からのアクセスを制限するフラッシュメモリ領域と、一般のメモリ領域を分割して管理。各USBメモリに個別のキーコードを埋め込むことでセキュリティを高め、キーコードの改ざん防止も可能となっている。11月下旬より、実際にソフトをメモリに組み込んだサンプルを出荷開始する。

(Security NEXT - 2007/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消