Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客からの問い合わせ内容記録した書類が所在不明 - JCB

JCBは、同社顧客272人分の個人情報を記録した内部書類を紛失したと発表した。誤廃棄した可能性が高いと説明している。

所在がわからなくなっている書類は、会員向け情報誌に関する問い合わせについて記載した受付記録簿で、25日に紛失が判明した。3月1日から9月21日までに同社へ問い合わせを行った顧客の氏名やカード番号、電話番号、問い合わせ内容など272人分の個人情報が含まれる。

同社では紛失判明後、オフィスの入退室ログや監視カメラなどの記録を確認したほか、担当者に対するヒアリングなど実施したが、発見に至らず、誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。

同社は、連絡先が判明している58人に対しては事情を説明した。今後は、チェック体制の強化やシステムの改善など再発防止策を推進するという。

ジェーシービー
http://www.jcbcorporate.com/

(Security NEXT - 2007/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト