Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指紋認証対応USBメモリの脆弱性修正ソフトを公開 - ソニー

ソニーは、指紋認証機能を備えたUSBメモリに脆弱性が見つかった問題で、脆弱性を解消するパッチを公開した。同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

今回公開となったのは、ポケットビット「USM128F」「USM512FL」の付属ソフトウェアの脆弱性を修正するパッチ。既存ソフトに適用することで脆弱性を解消できる。現在、同社では新規インストール用ソフトウェアについても準備を進めているという。

問題となったソフトは、一部機能においてインストールされるフォルダがWindows APIより確認できず、第三者に悪用される可能性があるなど問題が指摘され、同社では問題を解消するソフトの提供をアナウンスしていた。

脆弱性修正用ソフトウェアご提供のお知らせ
http://www.sony.jp/pr/info/info070928.html

ソニー
http://www.sony.co.jp/

ソニーマーケティング
http://www.sony.jp/

関連記事:指紋認証ソフトのルートキット問題でソニーが修正ソフト提供へ
http://www.security-next.com/006714.html

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO