Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハードウェア暗号化機能を搭載したUSBメモリを発売 - アイ・オー・データ

アイ・オー・データ機器は、パスワードロックと暗号化機能を搭載したUSBメモリ「EasyDisk Encryption」シリーズ4種類を、10月中旬より発売する。

同製品は、データを保護するセキュリティ機能を搭載したUSBメモリ。「EncGate」により、ハードウェアレベルで保存領域を保護し、パスワードの入力なしにアクセスできず、メモリ内のデータについてもAES 128ビットにより、自動的に暗号化される。

またデータ復元ソフト「DataSalvager LE」に対応しており、メモリ上で誤って削除したデータの復元が可能。また10月下旬からは、メモリを抜くとパソコンの操作が不可能になるソフト「パソコンロック」に対応する予定。

価格は、512Mバイトが7000円、1Gバイトが1万3000円、2Gバイトが2万3000円、4Gバイトが3万3000円。

(Security NEXT - 2007/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か