Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、セキュリティの社内教育に利用できるツールを無償配布

マイクロソフトは、セキュリティ対策のガイダンス活動を強化し、企業の社内教育で活用できるコンテンツやセキュリティ対策分析ツールの提供を開始した。

社内啓蒙活動で利用するメールやハンドブックなどを作成するための手引きやサンプルのほか、教育用の無料の冊子やポスターを用意。すでに配布は開始されており、同社ウェブサイトよりダウンロードができるほか、主催イベントなどでも配布する予定。

さらに同社では、中堅中小規模の企業を対象にセキュリティの状況を自己評価できる「マイクロソフトセキュリティアセスメントツール」を10月後半より提供する計画。「ITインフラストラクチャ」「アプリケーション」「運用」「人材」などの各テーマに関する質問に回答することで、企業のセキュリティ対策レベルを評価できる。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

マイクロソフトセキュリティ
http://www.microsoft.com/japan/security/

(Security NEXT - 2007/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ