Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

督促はがきに保護シールを貼付せず送付 - 東京社会保険事務局

東京社会保険事務局は、督促はがきへの保護シール未貼付や個人情報の業務外閲覧など、同事務局や管轄内の事務所で発生した不祥事や事務処理ミスなど5件を公表した。

同発表によれば、2007年9月に八王子社会保険事務所において、7月分の未納保険料に関する督促状はがきを644の事業所に発送する際、金額欄を隠す保護シールを貼付しなかったという。

また、同年5月に新宿社会保険事務所の派遣職員が、家族や友人など年金に関する個人情報6件を業務目的外で閲覧していたことが明らかになった。外部への情報漏洩はなかったと同局では説明している。

そのほか、パンフレットを送付する際、送付元の事業所名を誤って記載したり、事業所へ送付する書類に別の事業所に関する書類を混入させて送付するミスなどが発生。また府中社会保険事務所では、事務処理端末を操作するための磁気カード1枚を紛失している。

(Security NEXT - 2007/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意