Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア隠蔽する「Win32/Obfuscated」が1位 - キヤノンSOLがマルウェアトップテン

キヤノンシステムソリューションズは、Esetがまとめた8月度のマルウェアランキングを発表した。

もっとも多く検出されたのは、コードを難読化し、セキュリティ対策製品からマルウェアを隠ぺいするソフトウェア群「Win32/Obfuscated」で7.58%を占めた。2位はバックドアを設けるなどマルウェアの総称「Agent」で、アニメーションカーソルの脆弱性を攻撃するトロイの木馬「Win32/TrojanDownloader.Ani.gen」が続いた。

4位となった「Agent.ARK」は今回がはじめてランクインしたボット。シンガポールのサーバに接続し、コマンドの実行やマルウェアのダウンロードなど行う。また新機能の追加などアップデートを繰り返すことから定義ファイルによるウイルス検出を逃れる可能性があるとして同社では注意を促している。

1位:Win32/Obfuscated
2位:Win32/Agent
3位:Win32/TrojanDownloader.Ani.gen
4位:Win32/Agent.ARK
5位:Win32/Adware.Virtumonde
6位:Win32/Adware.Ezula
7位:INF/Autorun
8位:Win32/Rjump.A
9位:Win32/Agent.AB
10位:Win32/Pacex.gen

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中