Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書留の配達証約4万3500枚を誤廃棄し、配達証明できず - 郵政公社

日本郵政公社が、長崎県内で倉庫に保管していた書留の配達証約4万3500枚を誤って廃棄し、一部書留の配達証明ができない状況になっていることがわかった。

配達証は、書留郵便物などを配達した際に受取人から印鑑をもらうための用紙で、受取人の氏名と住所のほか、一部では差出人が記載されている。今回誤廃棄が判明したのは、2007年7月に長崎中央郵便局が扱った約4万3500枚。同社によると、追跡システムによる配達状況の確認は可能だが、配達証が誤廃棄された書留郵便物の配達証明できないという。

同社では市のゴミ焼却施設に直接持ち込んで処理したため、個人情報の外部流出については否定している。同社は、今月10日に郵便貯金の関連書類1443万件について誤廃棄を発表したばかりだった。

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意