Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書留の配達証約4万3500枚を誤廃棄し、配達証明できず - 郵政公社

日本郵政公社が、長崎県内で倉庫に保管していた書留の配達証約4万3500枚を誤って廃棄し、一部書留の配達証明ができない状況になっていることがわかった。

配達証は、書留郵便物などを配達した際に受取人から印鑑をもらうための用紙で、受取人の氏名と住所のほか、一部では差出人が記載されている。今回誤廃棄が判明したのは、2007年7月に長崎中央郵便局が扱った約4万3500枚。同社によると、追跡システムによる配達状況の確認は可能だが、配達証が誤廃棄された書留郵便物の配達証明できないという。

同社では市のゴミ焼却施設に直接持ち込んで処理したため、個人情報の外部流出については否定している。同社は、今月10日に郵便貯金の関連書類1443万件について誤廃棄を発表したばかりだった。

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委