Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB監視アプライアンス「SQL Guard」にインシデント管理機能を追加 - エアー

エアーは、データベースへのアクセスを監視して記録し、不正アクセスを防御するセキュリティアプライアンス「SQL Guard」の最新版を販売開始した。

同製品は、米Guardiumが開発したデータベースセキュリティ製品。データベースへのアクセスをリアルタイムで監視し、不正アクセス発生時にはアラート通知やアクセス制御など実現する。

最新版では、データベースへのローカルアクセスに対する監視機能を強化。UNIX、Linux版では、コンソールからのローカルアクセスやTCP、Oracle IPCなどを利用したローカルアクセスの監視を実現した。対応済みのWindows版では、SQL Serverの共有メモリアクセスや、Kerberos認証、64bitマシンに対応した。

また、あらたに「統合インシデント管理」機能が追加された。管理者がポリシー違反を分類し、1つのインシデントとして特定の担当者に割り当てることができる。割り当てられたインシデントのリストや重要度などのレポートは自動的にアップされ、ダッシュボードから確認できる。

(Security NEXT - 2007/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意