Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広島信金、顧客情報約3万件を記録したPDAを紛失

広島信用金庫は、8月22日に口座番号を含む顧客情報3万3109件が記録された端末の紛失が発生したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、西部支店の業務用PDAで、取引先情報3万3109件が記録されていた。3万360件については、氏名あるいは会社名と口座番号が含まれ、2749件については、さらに住所や生年月日、取引情報など記録されていた。

職員が営業中に紛失したとみられており、警察へ被害を届けた。また関連する顧客に対し個別に説明と謝罪を行っている。

同金庫によると、端末内部のデータは暗号化により保護されており、端末機には翌日になると自動でデータを消去する機能が搭載されていることから、情報が流出する可能性は低いという。

(Security NEXT - 2007/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ