Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信でキャンペーン応募者のアドレス500件が流出 - ノーリツ

ノーリツは、8月21日にキャンペーン応募者に案内メールを送信した際、誤って受信者のアドレス500件を確認できる状態になったと発表した。

誤送信が発生したのは、同社ウェブサイト上で実施している「ノーリツと一緒に日本代表小崎まり選手を応援しよう!キャンペーン」の応募者へ送信したサイト更新の案内メール。誤って受信者500人のメールアドレスが表示された状態になった。アドレス以外の個人情報は含まれないという。

誤送信の判明後、関係する応募者に対しメールで説明と謝罪を行い、誤送信メールの削除を依頼した。今後はメール配信前に複数の担当者が確認作業を行うなど、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2007/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター