Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業中に車上荒らし被害、地権者の個人情報など盗まれる - 愛知県

愛知県は、知多建設事務所の職員が車上荒らしの被害に遭い、個人情報などを保存したフラッシュメモリを盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは同事務所用地課の職員で、8月10日午後2時30分ごろに業務のため武豊町内の堤防に駐車していたところ、窓ガラスを壊され、鞄ごとフラッシュメモリを何者かに持ち去られたという。

フラッシュメモリには、都市計画道路知多東部線の公図などが保存されており、個人88件、法人28件など地権者の情報が保存されていた。氏名や住所、面積といった土地に関する情報のほか、買収額、物件等補償額なども含まれる。データの持ち出しについては、許可を得ていなかったという。

また関連業者担当者の携帯電話番号を数件記載した手帳なども盗まれた。同県では、関係者に対して事情を説明し謝罪している。

(Security NEXT - 2007/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社