Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュア、Linux向けウイルス対策2製品の最新版 - RedHat Enterprise Linux 5.0に対応

日本エフ・セキュアは、Linux対応のウイルス対策製品「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイVer2.31」、および「F-Secure LinuxサーバセキュリティVer5.52」を発売した。

「アンチウィルスLinuxゲートウェイ」は、ウイルスやスパムメールから社内ネットワークを保護するセキュリティ製品。今回発売となる最新版では、32ビットおよび64ビットのRedHat Enterprise 5.0に対応した。またウイルスエンジンをアップデートしたほか、Keep-Alive設定時に、Keep-Aliveタイムアウトまでクライアントを切断しない問題が修正された。価格は50ユーザーで17万9550円から。

「Linuxサーバセキュリティ」は、ウイルス、スパイウェア対策、ファイアウォール機能にくわえ、サーバやクライアントの集中管理機能を備えたセキュリティ製品。今回の最新版で32ビットのRedHat Enterprise 5.0に対応。ウイルスエンジンのアップデートのほか、SMP環境でコンピュータがフリーズすることがある問題や、アップデート時に自動インストールが利用できない問題が修正された。

(Security NEXT - 2007/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇