Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、ぷらら提供のフィルタリングサービスにワンクリック詐欺サイトのURLリストを提供

ネットスターは、ぷららネットワークスのセキュリティサービス「ネットバリアベーシック URLフィルタ」に対し、ワンクリック詐欺サイトのURLデータベースを提供する。

同サービスは、ぷららネットワークスのBフレッツ対応接続サービス利用者を対象に、無料で提供されているフィルタリングサービス。これまで、アダルトサイトや暴力を助長するサイトなど、未成年者に不適切なサイトを対象にフィルタリングを提供してきたが、今回対象サイトに「ワンクリック詐欺サイト」を含む犯罪関連サイトが追加されることになった。

同社が提供するワンクリック詐欺サイトのURLリスト、および警視庁ハイテク犯罪対策総合センターが提供する犯罪関連サイトのURLリストを追加することで、詐欺サイトへの接続を防いで被害を未然に防ぐ。

(Security NEXT - 2007/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能