Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Advanced/W-ZERO3[es]」にも対応したセキュリティポリシー管理ソフト - AXSEED

AXSEEDは、スマートフォンにおけるセキュリティポリシーの管理と利用状況の把握を実現するソフト「Smart Phone Policy Manager」を発売する。

同製品は、Windows Mobileを搭載したスマートフォン向けのセキュリティ管理、内部統制用ソフト。カメラやメモリカード、無線LAN、USB、ActiveSyncなどのデバイスを制御することで、端末からの情報漏洩を防ぐ。また予定表や連絡先、メール、ウェブブラウザ、ファイルエクスプローラ、ゲームなどのアプリケーションも管理できる。

管理者が端末1台ごとにポリシーを設定する中小企業向けの「オフライン版」と、サーバにより集中管理可能な大規模企業向けの「オンライン版」を用意した。オンライン版は、管理サーバにおいて、デバイスやソフトの集中管理とともに、端末ごとの個別設定や、端末および搭載ソフトの資産管理が可能。端末の状態や利用履歴、通話履歴なども管理できる。

また、ポリシー違反や一定数を超える本人認証エラーなどの異常を検知すると、利用者および管理者に通知メールが送られる。端末の紛失、盗難時のデータ遠隔消去も可能。

対応機種はNTTドコモ「hTc Z」、ソフトバンクモバイル「X01HT」、ウィルコム「W-ZERO3」「W-ZERO3[es]」「Advanced/W-ZERO3[es]」。イーモバイル「EM・One」にも今後対応する予定。

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件