Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Advanced/W-ZERO3[es]」にも対応したセキュリティポリシー管理ソフト - AXSEED

AXSEEDは、スマートフォンにおけるセキュリティポリシーの管理と利用状況の把握を実現するソフト「Smart Phone Policy Manager」を発売する。

同製品は、Windows Mobileを搭載したスマートフォン向けのセキュリティ管理、内部統制用ソフト。カメラやメモリカード、無線LAN、USB、ActiveSyncなどのデバイスを制御することで、端末からの情報漏洩を防ぐ。また予定表や連絡先、メール、ウェブブラウザ、ファイルエクスプローラ、ゲームなどのアプリケーションも管理できる。

管理者が端末1台ごとにポリシーを設定する中小企業向けの「オフライン版」と、サーバにより集中管理可能な大規模企業向けの「オンライン版」を用意した。オンライン版は、管理サーバにおいて、デバイスやソフトの集中管理とともに、端末ごとの個別設定や、端末および搭載ソフトの資産管理が可能。端末の状態や利用履歴、通話履歴なども管理できる。

また、ポリシー違反や一定数を超える本人認証エラーなどの異常を検知すると、利用者および管理者に通知メールが送られる。端末の紛失、盗難時のデータ遠隔消去も可能。

対応機種はNTTドコモ「hTc Z」、ソフトバンクモバイル「X01HT」、ウィルコム「W-ZERO3」「W-ZERO3[es]」「Advanced/W-ZERO3[es]」。イーモバイル「EM・One」にも今後対応する予定。

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開