Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsファイルサーバの操作監視ソフトを発売 - エグゼソリューションズ

エグゼソリューションズは、インテリジェントソフトウェアーが開発したWindowsファイルサーバの監査ソフトウェア「FC1 Audit」を8月1日より発売する。

同製品は、WindowsファイルサーバにおけるクライアントPCの操作を監視するソフトウェア。サーバへソフトウェアをインストールするだけで利用でき、クライアントPCへエージェントのインストールは不要。SambaやほかのNASについても、クライアントPCへFogosエージェントをインストールすることで利用できる。

監査用サーバを用意することで最大200台のファイルサーバについて監視でき、一元管理を行うことができる。さらにアクセス権の診断機能など、ファイルサーバ上のセキュリティホールについて診断する機能を搭載した。

提供方法は、ライセンス販売とレンタルの2種類を用意。ライセンス販売の場合、価格は50万円。レンタルの場合は25万円/年となる。

エグゼソリューションズ
http://www.exe-sol.com/

インテリジェントソフトウェアー
http://www.intelligent.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意