Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLabら3社、個人情報保護の教材と個人情報検出を組み合わせたASPサービス

KLab、ヒューマンアカデミー、KDDIネットワーク&ソリューションズの3社は、企業内における個人情報保護の教材と個人情報の検出サービスを組み合わせた「個人情報Learning & Search」の提供を開始した。

同サービスは、個人情報保護の映像教材による学習や確認テストを定期的に実施することで継続的な教育に加え、KLabの個人情報検出ツールを使い、定期的にパソコン内の個人情報関連ファイルをチェックすることで、個人情報保護の意識を高めるサービス。KDDIネットワーク&ソリューションズによりASPとして提供される。

管理者は、個々のプログラム履修状況や個人情報ファイルの保有状況などを確認し、管理できる。企業ごとにカスタマイズされた独自教材の追加も可能。初期費用が1契約で31万5000円。基本月額料金は、3000IDパックで315万円からとなっている。

(Security NEXT - 2007/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生