Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型のウェブアクセス監視ソリューション - AT&T GNS

AT&Tグローバル・サービスは、ウェブアクセスを管理して、不正侵入や従業員の私的利用などを防ぐSaaS型ソリューション「AT&T Web Security」を発表した。サービスは2007年秋に提供を開始する予定。

同ソリューションは、ウェブアクセスを24時間365日リアルタイム監視して、外部からの不正侵入やウイルスを防ぐとともに、従業員の私的なネット利用を防ぐSaaS型のセキュリティソリューション。ISPやブラウザに依存することなく利用でき、専用の機器やソフトの導入も不要。

社内ネットワークへの外部からの不正侵入を防ぐ「Web Malware スキャン」、企業のポリシーに合わせてアクセスを制限する「Webフィルタリング」、インスタントメッセンジャーの利用を制限する「IM Control」の3つのコンポーネントから構成されており、必要な機能のみ導入することができる。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県