Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型のウェブアクセス監視ソリューション - AT&T GNS

AT&Tグローバル・サービスは、ウェブアクセスを管理して、不正侵入や従業員の私的利用などを防ぐSaaS型ソリューション「AT&T Web Security」を発表した。サービスは2007年秋に提供を開始する予定。

同ソリューションは、ウェブアクセスを24時間365日リアルタイム監視して、外部からの不正侵入やウイルスを防ぐとともに、従業員の私的なネット利用を防ぐSaaS型のセキュリティソリューション。ISPやブラウザに依存することなく利用でき、専用の機器やソフトの導入も不要。

社内ネットワークへの外部からの不正侵入を防ぐ「Web Malware スキャン」、企業のポリシーに合わせてアクセスを制限する「Webフィルタリング」、インスタントメッセンジャーの利用を制限する「IM Control」の3つのコンポーネントから構成されており、必要な機能のみ導入することができる。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意