Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガの誤送信で氏名やアドレス305件を流出 - 関空関連団体

関西国際空港全体構想促進協議会が7月24日にメールマガジンを送信した際、誤って受信者の氏名やメールアドレスなど305件が流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、同協議会が発行するメールマガジン「KIXは、いま」No.51。複数のメールアドレスを「宛先」欄に入力、送信したため、305人分の氏名、メールアドレス、所属機関が表示された状態で送信された。

誤送信メールの受信者が報道機関へ連絡したことから判明した。確認後ただちに関連する購読者に対しメールで謝罪するとともに、問題のメールについて削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール