Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガの誤送信で氏名やアドレス305件を流出 - 関空関連団体

関西国際空港全体構想促進協議会が7月24日にメールマガジンを送信した際、誤って受信者の氏名やメールアドレスなど305件が流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、同協議会が発行するメールマガジン「KIXは、いま」No.51。複数のメールアドレスを「宛先」欄に入力、送信したため、305人分の氏名、メールアドレス、所属機関が表示された状態で送信された。

誤送信メールの受信者が報道機関へ連絡したことから判明した。確認後ただちに関連する購読者に対しメールで謝罪するとともに、問題のメールについて削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も