Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガの誤送信で氏名やアドレス305件を流出 - 関空関連団体

関西国際空港全体構想促進協議会が7月24日にメールマガジンを送信した際、誤って受信者の氏名やメールアドレスなど305件が流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、同協議会が発行するメールマガジン「KIXは、いま」No.51。複数のメールアドレスを「宛先」欄に入力、送信したため、305人分の氏名、メールアドレス、所属機関が表示された状態で送信された。

誤送信メールの受信者が報道機関へ連絡したことから判明した。確認後ただちに関連する購読者に対しメールで謝罪するとともに、問題のメールについて削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期の開示要請は2037件、70%に対応 - LINE
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
誤送信で研修参加者のメールアドレスが流出 - 岐阜県
従業員が営業情報を不正持ち出し - And Do HD子会社
プログラミング教室申込者の個人情報が流出 - 大東市
Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
macOSにアップデート、ゼロデイ脆弱性を解消
「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC