Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性管理製品市場が堅調に拡大、シングルサインオン市場も好調 - IDC調査

IDCジャパンは、国内のセキュリティ市場の動向や今後の見通しなどを発表した。脆弱性管理や検疫製品は認知拡大とともに市場が拡大しており、今後も高い成長率になると同社では予測している。

同社の調査によれば、国内セキュリティソフトウェア市場のなかでも、アクセス管理製品やセキュリティポリシーの管理や検疫を行う脆弱性管理製品の市場成長率が高く、2006年から2011年までのセキュリティソフトウェア市場全体の平均成長率6.6%をいずれも上回る見通しだという。

アイデンティティやアクセス管理製品では、個人認証やシングルサインオンを中心に成長している。2006年の市場規模は409億円、前年比成長率は23.3%で急成長を見せたが、2011年までの年間平均成長率は7.2%に落ち着くと予測している。

脆弱性管理製品は、事前予防の性格が強いためセキュリティ対策における優先度が低かったが、昨今になって認知度が向上し、市場が拡大したという。2006年の市場規模は183億円、前年比成長率は17.2%で、2011年までの年間平均成長率も12.8%と、高い成長率を維持すると予測している。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携