Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性管理製品市場が堅調に拡大、シングルサインオン市場も好調 - IDC調査

IDCジャパンは、国内のセキュリティ市場の動向や今後の見通しなどを発表した。脆弱性管理や検疫製品は認知拡大とともに市場が拡大しており、今後も高い成長率になると同社では予測している。

同社の調査によれば、国内セキュリティソフトウェア市場のなかでも、アクセス管理製品やセキュリティポリシーの管理や検疫を行う脆弱性管理製品の市場成長率が高く、2006年から2011年までのセキュリティソフトウェア市場全体の平均成長率6.6%をいずれも上回る見通しだという。

アイデンティティやアクセス管理製品では、個人認証やシングルサインオンを中心に成長している。2006年の市場規模は409億円、前年比成長率は23.3%で急成長を見せたが、2011年までの年間平均成長率は7.2%に落ち着くと予測している。

脆弱性管理製品は、事前予防の性格が強いためセキュリティ対策における優先度が低かったが、昨今になって認知度が向上し、市場が拡大したという。2006年の市場規模は183億円、前年比成長率は17.2%で、2011年までの年間平均成長率も12.8%と、高い成長率を維持すると予測している。

(Security NEXT - 2007/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省