Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職務に関係ないサイト閲覧し、サーバダウンさせた職員を処分 - 川崎市

川崎市は、職務と無関係なサイトを閲覧し、サーバをダウンさせた環境局の課長級職員に対し減給2カ月の懲戒処分を行った。

同市によれば、同職員は7月5日午後4時37分から54分の間、業務用パソコンを使って職務とは無関係のサイトにアクセスしたが、その結果、同サイトから大量のアクセスが同市サーバに対して発生。その負荷で同市のインターネット接続用サーバが7分間ダウンし、庁舎内でインターネットが使用できなくなったという。

これを受けて同市では、7月20日に公務に支障を生じさせたとして同職員に対し、「公務員としてあるまじき行為」とし、減給2カ月の懲戒処分を行った。

川崎市
http://www.city.kawasaki.jp/

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性