Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職務に関係ないサイト閲覧し、サーバダウンさせた職員を処分 - 川崎市

川崎市は、職務と無関係なサイトを閲覧し、サーバをダウンさせた環境局の課長級職員に対し減給2カ月の懲戒処分を行った。

同市によれば、同職員は7月5日午後4時37分から54分の間、業務用パソコンを使って職務とは無関係のサイトにアクセスしたが、その結果、同サイトから大量のアクセスが同市サーバに対して発生。その負荷で同市のインターネット接続用サーバが7分間ダウンし、庁舎内でインターネットが使用できなくなったという。

これを受けて同市では、7月20日に公務に支障を生じさせたとして同職員に対し、「公務員としてあるまじき行為」とし、減給2カ月の懲戒処分を行った。

川崎市
http://www.city.kawasaki.jp/

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に