Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職務に関係ないサイト閲覧し、サーバダウンさせた職員を処分 - 川崎市

川崎市は、職務と無関係なサイトを閲覧し、サーバをダウンさせた環境局の課長級職員に対し減給2カ月の懲戒処分を行った。

同市によれば、同職員は7月5日午後4時37分から54分の間、業務用パソコンを使って職務とは無関係のサイトにアクセスしたが、その結果、同サイトから大量のアクセスが同市サーバに対して発生。その負荷で同市のインターネット接続用サーバが7分間ダウンし、庁舎内でインターネットが使用できなくなったという。

これを受けて同市では、7月20日に公務に支障を生じさせたとして同職員に対し、「公務員としてあるまじき行為」とし、減給2カ月の懲戒処分を行った。

川崎市
http://www.city.kawasaki.jp/

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意