Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁、Winnyで情報流出させた巡査長を懲戒免職

捜査資料のネット流出が6月に発覚した問題で、警視庁はデータを持ち出して流出させた北沢署の巡査長について懲戒免職の処分を行った。

同事件では、1万500人分の個人情報がファイル交換ソフトであるWinnyを通じて流出。同巡査長に対しデータを提供していた巡査部長や監督責任がある上司など関係者についても戒告処分となった。

今回流出したデータには捜査情報をはじめとする警察資料が含まれ、複数の警察関係者が関係したことや流出件数が膨大だったことから大きな問題へ発展。さらに芸能関係者などの情報も記録されているとしてネット上でも話題となった。

(Security NEXT - 2007/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性