Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、法改正視野に迷惑メール対策で研究会 - スパム巧妙化受け

総務省は、スパムメールの悪質化へ対応するため、「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」を開催し、今年の秋を目安に取りまとめる。

不特定多数に送信するメールについては、従来より「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」で対応してきたが、巧妙な手口で送信されるケースが増加していることを受け、法制度の改正を含めた対策を検討する。

研究会は、ISPや携帯キャリア、業界団体関係者、弁護士、研究者など有識者が参加し、法施行後の迷惑メールの状況を踏まえた上で検討を進める。

(Security NEXT - 2007/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正