Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、法改正視野に迷惑メール対策で研究会 - スパム巧妙化受け

総務省は、スパムメールの悪質化へ対応するため、「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」を開催し、今年の秋を目安に取りまとめる。

不特定多数に送信するメールについては、従来より「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」で対応してきたが、巧妙な手口で送信されるケースが増加していることを受け、法制度の改正を含めた対策を検討する。

研究会は、ISPや携帯キャリア、業界団体関係者、弁護士、研究者など有識者が参加し、法施行後の迷惑メールの状況を踏まえた上で検討を進める。

(Security NEXT - 2007/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性