Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ペンタックス、メール誤送信で顧客のアドレス323件を流出

ペンタックスは、7月2日に顧客323人へ案内メールを送信した際、誤って全員のアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社のウェブサイト「PENTAX ENDOSCOPIC SITE」のリニューアルを案内するメール。サイトに登録している顧客323人に一斉送信した際、誤操作により全員のアドレスが表示された状態で送られた。アドレス以外の流出はないとしている。

同社では、同日中に該当する顧客へ謝罪のメールを送り、誤送信メールの削除を依頼した。今後は、システムの見直しと社員教育の徹底を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で