Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ペンタックス、メール誤送信で顧客のアドレス323件を流出

ペンタックスは、7月2日に顧客323人へ案内メールを送信した際、誤って全員のアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社のウェブサイト「PENTAX ENDOSCOPIC SITE」のリニューアルを案内するメール。サイトに登録している顧客323人に一斉送信した際、誤操作により全員のアドレスが表示された状態で送られた。アドレス以外の流出はないとしている。

同社では、同日中に該当する顧客へ謝罪のメールを送り、誤送信メールの削除を依頼した。今後は、システムの見直しと社員教育の徹底を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区