Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトが7月度の更新プログラムを事前予告 - 深刻度「緊急」は3件

マイクロソフトは、7月に公開予定のセキュリティ更新プログラムに関する事前予告を公表した。深刻度「緊急」が3件のほか、「重要」が2件、「警告」が1件となっており、リリースは7月11日を予定している。

「緊急」とされる脆弱性は、「Excel」や「Windows」「.NET Framework」に関するもので、いずれもリモートでコードが実行されるおそれがある。また「重要」とされるものには、「Publisher」と「Windows XP Professional」に関する脆弱性が含まれる。

今回、Windows Vistaに関する脆弱性も見つかった。情報漏洩のおそれがあり、深刻度は「警告」としている。パッチのリリースと同時に悪意あるソフトウェアの削除ツールも公開する予定。

2007年7月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jul.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社