Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュア・プログラミング講座」ウェブアプリ編の改訂版が公開

情報処理推進機構は、「セキュア・プログラミング講座」の「Webアプリケーション編」について改訂版を公開した。

従来は典型的な脆弱性や言語別の対策を説明していたが、改訂版では、ユーザー認証といった「アクセス制御対策」をはじめ、「セッション対策」「暴露対策」「入力対策」「エコーバック対策」など、開発行程ごとに脆弱性対策を解説、要件の定義や設計の時点でも対策を意識できるよう取りまとめた。

また「サイトデザインにかかわる対策」では、フィッシング詐欺対策についても言及。さらにプログラム言語やデータベースの選択など、ウェブアプリケーション設計のヒントなども盛り込んだほか、旧版についてもあわせて参照できる。

同機構では、9月下旬に「C/C++ 編」の公開も予定している。

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省