Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

貯金や共済関連書類など90件を誤って廃棄 - JAとなみ野

となみ野農業協同組合は、貯金や共済に関連する書類を誤って廃棄したと発表した。

今回誤って廃棄したことが判明したのは、貯金明細書23件をはじめ、貯金領収書42件、貯金満期案内状10件。さらに共済の案内状や契約証書など15件などあわせて90件を誤って廃棄していたことがわかった。同組合では、関連する顧客を訪問し、事情の説明や謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2007/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市