Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニックウォール、「Email Security 6.0」を提供 - シグネチャの更新間隔を短縮

ソニックウォールは、企業向けメールセキュリティアプライアンス製品のファームウェア最新版「Email Security 6.0」の提供を開始する。

同製品は、スパムメールやフィッシングメール、ウイルスをブロックし、管理機能やレポート機能なども搭載した企業向けのメールセキュリティアプライアンス。今回の最新版では、シグネチャの更新間隔を5分と短縮したことで、新種の迷惑メールに素早く対応できるようになった。

また、増加している画像スパムや株価不正操作のスパムの検知機能が向上したほか、差出人を偽ったメールにも対応可能となった。さらにユーザー管理機能も強化され、どのメールを許可したかなど、ユーザーの操作をレポートする機能が追加された。各機能はオプションとして提供され、ニーズや環境に合わせてカスタマイズが行える。

(Security NEXT - 2007/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市