Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁から捜査資料がWinny流出 - 1万件以上

警視庁巡査長の私用パソコンから警察資料がインターネット上へ流出したことがわかった。

北沢署の男性巡査長が持ち出していたデータが、ファイル交換ソフトのWinnyを通じて流出したもの。流出したデータは1万件にのぼり、利用していたパソコンがウイルスに感染し、外部に流出したと見られている。

警視庁の規定ではWinnyの利用が禁止されていたが、守られていなかった。捜査資料も含まれ、一部では暴力団関係者や容疑者、事件関係者なども含まれており、警視庁では詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消