Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁から捜査資料がWinny流出 - 1万件以上

警視庁巡査長の私用パソコンから警察資料がインターネット上へ流出したことがわかった。

北沢署の男性巡査長が持ち出していたデータが、ファイル交換ソフトのWinnyを通じて流出したもの。流出したデータは1万件にのぼり、利用していたパソコンがウイルスに感染し、外部に流出したと見られている。

警視庁の規定ではWinnyの利用が禁止されていたが、守られていなかった。捜査資料も含まれ、一部では暴力団関係者や容疑者、事件関係者なども含まれており、警視庁では詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性