Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組合員情報24万件を記録したMOディスクを紛失 - 大阪の医療生協

医療生協を展開するヘルスコープおおさかで、組合員の個人情報を記録したMOディスクの所在がわからなくなっている。

紛失が判明したのは、データのバックアップに利用したMOディスク。氏名や住所、電話番号、生年月日のほか、家族の氏名や加入日時、出資金など個人情報約24万件が記録されていたという。5月18日に担当者がバックアップ作業を実施したがしまい忘れ、翌19日になくなっていることに気が付いた。

同組合では、不審者の侵入した形跡などなく、5月末の時点で被害などは確認されていないことから、ディスクを廃棄、焼却した可能性が高いと結論付けている。

データはバックアップ用だったため、業務への影響はないとしている。またバックアップを持ち運びできないシステムに変更した。同組合では関係者に謝罪の文章を送付。今後も調査を進め、原因究明や責任の所在など明らかにしていく方針だという。

(Security NEXT - 2007/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス