Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数サーバの集中管理を実現したセキュリティ診断ツールを発売 - 東芝ITサービス

東芝ITサービスは、複数サーバのセキュリティ対策状態を一元管理できる「セキュドック<センター>」を8月より発売する。

「セキュドック」シリーズは、適正なアカウントやパスワードの運用、セキュリティパッチ適用など200項目以上の診断が行えるセキュリティソリューション。2006年6月よりスタンドアロン型の「セキュドック」を販売しているが、集中管理への需要が高かったことから、スタンドアロン版の機能を強化し「セキュドック<センター>」を開発した。

同製品では、診断対象となるサーバにエージェントをインストールすることで、センターサーバによるサーバ群の一元管理を実現。定期的な診断や集計など集中管理が行える。

なお、今回の発売にともない、従来のスタンドアロンタイプの商品名が「セキュドック<スタンダード>」へ変更された。

(Security NEXT - 2007/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処