Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紛失公表のUSBメモリが自宅で見つかる - 埼玉のスクールカウンセラー

埼玉県内公立高校のスクールカウンセラーが、個人情報を含むUSBメモリを紛失した問題で、その後同職員宅で発見されたことがわかった。

同メモリには、カウンセリング内容が保存されており、3人分の個人情報が含まれていた。埼玉県では、紛失の報告を受け、再発防止のため県内のスクールカウンセラーや学校長に対して、データ持ち出しの原則禁止など、個人情報管理強化を指示していた。

その後USBメモリが同職員宅で25日に発見され、28日に同県生徒指導室長へ報告した。関連する生徒や保護者に対しても学校長経由で発見されたことを伝えたという。

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正