Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紛失公表のUSBメモリが自宅で見つかる - 埼玉のスクールカウンセラー

埼玉県内公立高校のスクールカウンセラーが、個人情報を含むUSBメモリを紛失した問題で、その後同職員宅で発見されたことがわかった。

同メモリには、カウンセリング内容が保存されており、3人分の個人情報が含まれていた。埼玉県では、紛失の報告を受け、再発防止のため県内のスクールカウンセラーや学校長に対して、データ持ち出しの原則禁止など、個人情報管理強化を指示していた。

その後USBメモリが同職員宅で25日に発見され、28日に同県生徒指導室長へ報告した。関連する生徒や保護者に対しても学校長経由で発見されたことを伝えたという。

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退