Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュアが企業向け迷惑メール対策製品を発売 - VMware版も用意

日本エフ・セキュアは、企業向け迷惑メール対策ソリューション「F-Secureメッセージゲートウェイ」を発売した。Linux版とともに、仮想マシンであるVMware上で動作するバージョンも用意している。

同製品は、スパム検出エンジンやウイルス検知エンジン、隔離メール確認機能などを搭載した企業向けのメールセキュリティソリューション。20万以上の構造やコンテンツ属性を検査し、スパムメールやフィッシングメールを防御する。スパム検知モジュールは多国語対応で、環境に合わせてカスタマイズが可能。

スパムメール、フィッシングメールに分類されたメールを自動的に隔離し、定期的に隔離メールの確認リストを送付する「隔離メール確認機能」を搭載したほか、IPアドレスレベルで接続を監視し、悪意ある接続は自動的に制御するなど、ネットワークを介した攻撃に対する防御も提供される。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開