Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュアが企業向け迷惑メール対策製品を発売 - VMware版も用意

日本エフ・セキュアは、企業向け迷惑メール対策ソリューション「F-Secureメッセージゲートウェイ」を発売した。Linux版とともに、仮想マシンであるVMware上で動作するバージョンも用意している。

同製品は、スパム検出エンジンやウイルス検知エンジン、隔離メール確認機能などを搭載した企業向けのメールセキュリティソリューション。20万以上の構造やコンテンツ属性を検査し、スパムメールやフィッシングメールを防御する。スパム検知モジュールは多国語対応で、環境に合わせてカスタマイズが可能。

スパムメール、フィッシングメールに分類されたメールを自動的に隔離し、定期的に隔離メールの確認リストを送付する「隔離メール確認機能」を搭載したほか、IPアドレスレベルで接続を監視し、悪意ある接続は自動的に制御するなど、ネットワークを介した攻撃に対する防御も提供される。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分